• 層間剥離 層間剥離とは、プリントを構成する複数の層が硬化した後、分離してしまい、プリントが失敗に終わる現象のことです。 層間剥離は、どのような種類の3Dプリンターを使っても発生する可能性がある現象ですが、その状態を引き起こす原因はまちまちで...
  • 非付着性 非付着性とは、プリントの一部しかビルドプラットフォームに密着していないか、全体がビルドプラットフォームから離れてしまったために、プリントが失敗に終わる現象のことです。非付着性は、プリント中に最初にできる層の全体または一部がビルドプ...
  • 過剰圧縮 過剰圧縮とは、レーザー光の拡散またはビルドプラットフォームと樹脂タンクの間のスペースの不足により、プリントの最初の何層かが適切に硬化しなかったために、プリントが失敗に終わる現象のことです。 イメージ: 過剰圧縮が原因でビルドプ...
  • ラギングラギングとは、全体的または部分的に硬化した樹脂が薄い貝状の構造物に変形し、プリントから水平方向にはみ出す現象のことです。この構造物は「フラップ」とも呼ばれ、剥離プロセスの最中にプリントしたパーツから分離してしまうことがあります。 フラ...
  • ラッシングラッシングとは、プリントしたパーチの片側または両側に凸凹面ができる現象のことで、 このように表面が凸凹にさえならなければプリントが成功していた可能性があります。 視覚症状 Formlabsのプリンターで出力したプリントでラッシングが起...
  • オブジェクトの破綻 オブジェクトの破綻 とは、プリント中のパーツがビルドプラットフォーム上で造形されていく間に、パーツ内の樹脂の不足によって生じる空洞が膨張し、結果的にプリントが失敗に終わる現象のことです。この空洞はクレーターに似た形状を作り、多くの...